特商法の表記で注意すべきこと

特商法の表記があっても必ずしも安心できるわけでない

ネット副業をする前に確かめるべきことといえば「特商法の表記」があり、ライティングページになければ会員登録をしないようにする必要があります。
しかし、あったとしても虚偽の情報があることや、所在地や連絡先が曖昧で特定できない場合も避けることが大事です。

所在地はバーチャルオフィスを使ってあたかも業者が存在するように見せかけていることもあり、場所を特定できない場合もあります。

また、連絡先は携帯電話の番号やフリーメールであれば安易に変更しやすいため、都合が悪くなると逃げられて音信不通になる傾向が強いです。
このため、ライティングページに特商法の表記があっても内容を確かめないと信用できないため、事前に調査をしてから会員登録をする必要があります。

誇大広告を使っている場合は注意が必要

特商法の表記がある場合でも誇大広告を使っている場合は常識で考えて不審な点が多くなり、実際に利用すると損をすることになります。
誇大広告はあくまでも会員登録をしてもらうように誘導するために用いられ、安易に引っかからないようにしないといけません。

また、会員登録をすれば登録料やツールなどを購入するためにかかる費用を請求されることもありますが、法人が運営しているサービスであれば安心できます。

信用できない業者は無視しよう

ネット副業の勧誘は不特定多数の相手をターゲットにして行われ、メールなどで届いてもそのまま見ずに削除すればリスクを回避できます。
内容を確かめるときはスマホであれば特商法の表記を確かめ、所在地や連絡先がきちんと明記されているか確認すると効果的です。

オプトインアフィリエイトを狙う勧誘は不特定多数の相手に同じ内容の情報を一括して送るため、ターゲットにかからないようにするとそれだけで詐欺の被害を防げます。
特商法の表記は内容が必ずしも正しいとは限らないため、勧誘があれば安易に信じないようにすることが大事です。
ネット副業をするときは安心してできるか確かめ、コツコツと稼げるようにすると今後の人生につながります。

タイトルとURLをコピーしました